車検の高い安いって?


車検の相場って、気になるところですよね。
基本的に車検というのは、

・「重量税」+「自賠責」+「印紙代」(必須です)

・「車検代行費用」+「事務手数料」+「部品交換」+「消耗品交換」+「整備費用」(店舗、ユーザー車検or車検代行等の条件によって変わります)

こういった具合に、「必須費用」と「整備費用」と「手数料」が掛かります。
前者、必須費用は基本的に決まっているので変わりません。
車検の費用が変わるのは、「どれくらい車が消耗しているか」「どの程度消耗品を交換するか」によります。

隅々まで点検、交換する類の店舗であれば、時間も費用も掛かってしまいます。
「ディーラー車検」の類の車検の場合、こちらになります。

一方、簡易的な点検、整備、必要最低限の整備ですと、時間も費用も最低限で済みます。
「車検代行」として、「カー用品専門店」「ガソリンスタンド」などで車検を行う場合、こちらのタイプの車検です。

もちろん、前者のほうが「次の車検まで」「長期間」「安全に」車に乗ることができますが。
が、後者のほうが圧倒的に費用は安いです。

また、店舗ごとにも整備費用は微妙に違ってきますので、
ご自分が「車検にどういうことを求めているか」というのをしっかり考えて、車検を受けられてくださいね。