車検を受けるときのバランス感覚


車検費用を抑えるためには、「できるだけ車をよい状態」にして、車検の見積もりをして下さい。

基本的に、どこの業者も、「重量税」+「自賠責」+「印紙代」は必須で、変わらない費用です。
変わるのは、車検の保安基準に達するための整備費用で、各業者の車検費用は異なるわけですから、できる限り消耗している部品は交換し、「できるだけ車をよい状態」にして見積もりを出すほうが、車検費用というのは抑えられます。

今であれば、ネットで「ユーザー車検のやり方」というワードで検索でき、消耗箇所の交換の方法も記載されています。
もちろん、すべてご自分で交換し、ユーザー車検として車検を受けられるのがいちばん安く済みますが、さすがに面倒だったり、見落としがあったりしますので、「自分で出来る箇所は自分で交換」後、見積もりを出されるのがいいと思います。

そして、一社ではなく、いろいろな業者に見積もりを出してもらってください。
業者ごとにかなり車検費用というものは変わります。
手間を惜しんでいると、結果的に~万円損した、というケースも、多々存在しますので。

まかせっきりにすると、余計に費用が掛かってしまいます。
ですが、ご自分ですべてやろうとすると、ちょっと敷居が高く、失敗してしまうこともあります。
ですので、その辺りのバランス感覚をとりつつ、いちばんお得な方法で、車検を受けられてくださいね。